2012年06月18日

舞空術の習得

reipia1.jpg

王政錬金並みにエラソーなポーズ!

水晶よりロミオレイピアを
手に入れてしまいました!
ボーナス頼りだからできる
この時期独特の奮発だよ!(

reipia2.jpg
抜刀ポーズはハム剣の動作を簡略化した感じ?
さっと出るのでSS取るのも大変なくらい早いです。

reipia3.jpg

戦闘モード!

ちなみに、ウィキや情報サイト類に
「HSを無効化できる」的な噂が
ちょっと流れていましたが
正確に言うと実はそうではありません。


なぜか最近のアップデートで敵HS発動時の
プレイヤー側の防御硬直
がなくなっているのです。
(以前はディフェされたようにこちらの
行動ができなくなった)
なのでカキーンとなっても、打数のタイミングによっては
普通に押し切れてしまいますね。

なので、正確にいえば
「現状のHSの仕様だと、どの武器でも
HSを無視できる可能性がある」

ということなのです。

しかしそれを除いても、武器性能的には
reipia.jpg

結構強い・・・!
というか両手エンチャが可能なのでダメージ
補強はかなりしやすいです。

そして何気に高い負傷率・・!
近接武器では一番高いかな・・・?
刺すからなの・・?

でもそれだとランスェ・・・



ぬいぐるみは出ませんでしたが、
フェネックスクロールはでたので
影で使ってみました。

fene1.jpg

あれ・・何これかわいい・・・!


fene2.jpg

他の方の評判もよかったです。



fene3.jpg

ほっとくとなんか準備体操的なこと
はじめる・・・かわぇぇぇぇぇ!

戦闘に参加してくれましたが
知らぬ間に消えておりました(´;ω;`)ブワッ

本物のぬいぐるみはこれをいっぱい
呼び出せるのか・・・
ずるい、ずるいよ・・・!


まぁしかし水晶買っても
まず出そうにない、というかでないので
buku4.jpg

潔くドラゴン○ール探しの旅
にでます(ぇ







buku1.jpg
この先に大きな気を感じる・・・!(DB風   


buku2.jpg
羽根があるので飛行も安定してます(適当


buku3.jpg
ヒーロー的なパトロールしていましたが
ピンチの人は特にいませんでした(


鋭い方はすぐ気がついたかと思いますが、
↑のSSはタンデムドラゴン+協力者が必要です!
ブラックリストにいれると
見えないのを上手く活用して撮影してみよう!

あと協力してくれた方をブラックリストに
入れっぱなしにしないようにね!(ぉ







posted by familia at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

近接突進検証

ログインすると珍しく読者様からのお便りが・・!
・・・すみません、嘘でした
ゲーム内で頂くお便りは初めてでした(


otayori.jpg

お便りありがとうございます!
ランス装備時の近接突進についてのご質問ですね!
確かに調べてみたら意外と検証してる人が
少ないというかいない(
(細工しない賢明なマビプレイヤーが多いのか・・)

折角お便りも頂いたので、検証してみました!

まずはおさらい!近接突進について

近接突進Lv○ という効果は細工のオプションの一つです。
現状Lv1〜3まであり、ランク3でもLv2がつくことから
店売り細工(課金系ではないNPC売りのもの)の中では
非常に有効なオプションといえます。
実際の効果は、突進の発動可能最小距離を縮めてくれると
いったものですが、Lv2でも効果はかなりのものです
(具体的な距離は後述)

今回検証につかったのは
aslt.jpg
常用のサキュブーツです。
しかしこれ、今なぜか「近接突進」の部分が
文字化けしてます・・!

前はちゃんと表示されてたんだけど何故や(
効果はちゃんとでてますのであしからず!

※上記のものに加え、人間キャラ+ランスで
突進をするには「盾なし突進可能」の細工オプションの
ついた装備が必要になります。

(ジャイアントはなしでも可能です)
また、ランス専用スキル「ランスチャージ」と「突進」は
見かけは似ていますが全く別のスキルになります。



では早速検証!
極力正確な距離を出したかったため、
familiaのお母さん(ファミリーシステム上の)
協力いただきました!(ぉ

まずは通常の突進の最小距離がこちら
aslt1.jpg


そして近接突進Lv2を加えると

aslt2.jpg

こうなります!
あからさまに近い!
前述の通り、ランク3だとまともな効果が
期待できないと言われている店売り細工でも
これは可能なので
狙って損はないとおもいます。

そして本題のランスです。
近接突進Lv2(武器なし)で突進可能だった距離だと
aslt3.jpg

近接突進Lv2でも、ランスを持つと突進
できなくなってしまいました。


しかしながらもう少し離れることで
aslt4.jpg
突進可能な距離になりました。

しかしながら、この距離で
「近接突進Lv2」をはずすと・・?
aslt5.jpg

再び突進できなくなりました。

突進可能な距離まで離すと
aslt6.jpg
ここまで離れてしまいました。

長くなりましたが、上記の結果から
ランスの突進可能距離

突進最小距離+ランス攻撃可能最小距離 

で計算されるようです。

よって、近接突進の効果は確かにあるものの、
ご質問にあったランス最小距離を下回る
攻撃(突進)は出来ない
ということですね。

ちなみに突進の最小距離を比較すると


近突(ランス以外)近突(ランス)突進(ランス以外)
突進(ランス)


※近突=近接突進Lv2

という形になります。

それと、番外編ですが
aslt7.jpg

近接突進はランスチャージには適用されません。
最小距離に関しては突進(ランス以外)とほぼ同じだと思われます。


こんな感じでざっくりとした検証でしたが、
誰かのお役に立てれば幸いです。
ただ、上記の結果は
細工を推奨するものではありません・・・!

店売りの細工はまだしも、課金の細工は
非常にお金のかかるコンテンツだと
認識した上で、利用したい方はしてください!

ご利用は計画的に!(











posted by familia at 23:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

荒ぶる吟遊詩人のポーズ

merosyo1.jpg

すべてのSTRは回収するっ・・・!

メロディーショック、通称メロショが実装されたため、
再びSTRが全回収と言えなくなっていましたが
なんとか再度全回収を完了しました!
ランク高くなってからはみんな存在をわすれている
料理Dとかで修練しつつ、最終的には
挑発壁をボコボコ殴って埋めました。

niku.jpg
こんな色のお肉食べたくない・・・
というかネズミ入るような鍋の料理食べたくない(


料理といえば、温泉地帯のカピパr・・・じゃなくてサルに
エビチャーハンか野菜スープをあげると
作曲本(R2→1)をもらえるようになったと聞いたので
早速やってみました!

ちなみに野菜スープとえびチャーハン
どちらでもいいわけですが、
どっちを選ぶかは以下のとおり。

・野菜スープ
 メリット:材料が全てティルコで揃う(採取必要なし)
       材料費が安め

 デメリット:野菜スープ1つにつき2回調理が必要
        (材料に野菜炒めが必要なため)


・えびチャーハン
 メリット:材料が全てダンバで揃う
       一回の調理ですぐ作れる
     (NPCから買える物は買う前提)

       
 デメリット:卵の採取が必要
       ご飯を購入すると材料費が増える


しかし、エビチャーハンの卵採取、これは
一見面倒そうですが、パートナーの+2採集が
使えるのであれば5回採取で15個とかに
なるわけで、以外と手間にはなりません。
あとはお財布と相談で・・・!

いくつ必要かもわからないので、今回は一回で出来て
量産しやすいエビチャーハンにしました。

ebityan1.jpg

どんどんチャーハン作るよ!
(インベゴッチャゴチャすぎた)

あ、☆5もできた・・・

・・・

ebityan2.jpg
自分で食べるのかよ!
(セルフツッコミ



こんな感じになりました
ebityan3.jpg

それで温泉地帯に向かいカピパ・・温泉サルにプレゼント!

ebityan4.jpg
サル「イヤッホォォォォォォォォ!」

エビチャーハンがディバイソンになって帰ってきました(

欲しいのはこれじゃなくて・・・

ebityan5.jpg

そうそうこれ!・・・・あれ?
意外とすんなり出た・・・・!
もっと苦戦するかと思ってたんですが・・・
運がよかったのかな・・(かなり珍しく)

でもこのあと残りをあげ続けても二つ目はでなかったので
自分でやる方はそこそこ気合いれていったほうがいいかも!



話は変わりますが
パートナーのお願いでイメンマハに
用があったのでいってみると
dousita1.jpg
(コック帽深くかぶりすぎだろ)


・・・・ん??
あれ、なんか見ないうちに
イメチェンしたんですか・・・?

dousita2.jpg
ダブルファミ絶句


何があったか知らないけど
そうしたほうがいいんじゃないかな・・・!






posted by familia at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。